CT(Computed Tomography)検査

 CTとは、コンピュータ断層撮影の略です。一般的にCTと言えばX線を使ったCTを指します。 連続回転スキャンを行いながら寝台を一定速度で移動させ、そのらせん状のスキャンデータからコンピューターで画像を作り上げます。
 CTでは様々な角度からの画像を作り出すことができ、レントゲンでは発見できなかった病巣を見つけることが可能になりました。また、造影剤を使った画像と造影剤を使わない同じ部分の画像と比較することで、より詳細な(たとえば腫瘍の範囲など)診断が可能になっています。
 当院のCTは解析度が高く、立体的な3次元グラフィックス画像の構築が可能です。断面では認識しづらい複雑な脈管構造や骨折の状況把握などがしやすくなりました。


咳を主訴に来院された患者さんの画像です。
単純レントゲンでは、心臓と重なり、全く肺癌は見えませんが、CTではこのようにはっきりと描出されます。この症例は1期の肺癌で、手術のみの治療で、抗がん剤は不要でした。

胸部レントゲンでは肺癌は見えません
CTでははっきりと描出されます


超音波(Ultrasonography:US Echo)検査

 超音波検査は、超音波を対象物に当ててその反響を映像化する画像検査法であり、エコー検査とも呼ばれます。医療用の探触子(Probe プローブ)を体にあてて、そこから返ってくるエコー(反射波)を受信し、コンピュータ処理で画像化して診断するのが腹部超音波検査です。
 超音波検査では、腫瘍などの有無だけでなく、その大きさや深達度(どのくらいの深さまで達しているか)も調べることができます。また、映し出される画像は、リアルタイムで動いて見えます。そのため、検査のための組織を採取したり、臓器の位置を確認しながら治療を行うときに使われることもあります。

 さらに、この検査はX線検査のように放射線被爆の心配がなく、検査を受ける人の苦痛もなく安全です。