糖尿病について

 2型糖尿病は日本人では最も多い糖尿病です。自己免疫異常による膵β細胞の破壊によるインスリンの欠乏が生じる1型糖尿病とは異なり、2型糖尿病の特徴は膵臓からのインスリン分泌が不足したり、効きにくくなったりして血糖値が上昇します。食事、運動、ストレスなどのライフスタイルの歪みが大きく関与している「生活習慣病」のひとつであり、日本人の40歳以上の40パーセントは、糖尿病か糖尿病予備軍であると言われています(厚生労働省2007年国民健康・栄養調査)。

 初期の糖尿病は自覚症状がほとんどみられないため、知らない間に病気が進行し、糖尿病患者の生活に重大な支障をきたす神経障害・網膜症・腎症などの合併症がが出現するこわい病気です。

  厚労省では健康日本21で「糖尿病有病者の減少」の2010年の数値目標として糖尿病有病者数1,000万人(現状からの推計数1,080万人)をかかげています。

当クリニックでは「糖尿病外来」を開設、糖尿病の予防改善を志す受診者を支援しています。

 

一人ひとりのライフスタイルに合わせた指導
  糖尿病は、症状がないために病状を軽く思われがちですが、合併症は密かに進行して体を蝕んでいきます。 糖尿病は生活習慣の改善が重要であるといわれていますが、朝原クリニックでは、受診者のライフスタイル・価値観に合わせた食事・運動等、生活習慣の改善をアドバイスし、 尿糖、空腹時血糖値、HbA1c を適正にコントロールしていただけるようフォローいたします。

 

糖尿病チェック

糖尿病になりやすい生活チェックシート

1
太り気味である、太っている
2
運動不足
3
血縁者に糖尿病の人がいる
4
生活が不規則で、食事の時間もまちまち
5
忙しくてゆっくり休めない
6
ストレスがたまっている
7
年齢が40歳以上である
8
朝食は食べないことが多い
9
お酒をたくさん飲む方だ
10
脂っこいものが好きでよく食べる
11
甘いものが好きで、おやつをよく食べる
12
海草類や野菜などはあまり食べない
13
夕食時にたっぷりと食べる
14
妊娠中に血糖値が上がったことがある(女性のみ)


糖尿病は完全に治すのは難しい病気ですが、血糖値がコントロールできるようになれば心配はありません。